プロフィール

chiezow2010

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【英語の発音】 自分の発音を聞いてみる
昨年からオンライン英会話、Globl Englishに取り組んでいます。

とてもよくできた教材で、いろいろ良い点があるのですが、
そのうちの1つは、個々のレッスンが15分くらいで完了すること。

途中で終わりにしても、ちゃんと記憶しておいてくれるので、
取り掛かる時の気持ちのハードルが低くていいです。
(時間なくなったら途中でやめればいいや、ってね)

だから今のところ、今年の目標「朝、週に2回は受講する」を達成できています。
(まだ2週ちょっとですが)


他にも気に入っている点はいろいろあるんですが、
昨日やってみてよかったのは、自分の声を録音する授業。

私の英語、べたべたのジャパニーズイングリッシュじゃない
って自負は勝手に持っているんですが、
そういえば自分の英語発音って、聞いたことがない・・・。

そして、どこがおかしいかもわからない。

そこでそこでGlobal English!

まずネイティブの発音を聞く。
1. 自分の声を録音する。
2. おかしいところが画面上ハイライト表示される。
3. 自分の声を聞いて確認できる。
わ~、思いのほか、ちゃんとできてない~
4. 英語っぽくしようとするあまり、余計おかしくなってる
(あ、これ、長男が英語の真似事をする時に似てる。やたら口とがらせて、プラスRの発音多様する感じ(汗、汗))

これは面白いです。
ネイティブの比較とかできないにしても、自分の発音を録音して聞いてみる、
ぜひぜひお勧めです。

まずは自分の弱点(間違い)を見つけないと、対策できないですからね。


さてさてこのGlobal English、宣伝するわけじゃないですが
このつづきがまだあります。

5. 録音はリトライできる
6. 納得いくまで何度でもリトライできる
7. 10問くらいで完了し、完了すると、あなたの苦手な発音は・・・と発音記号が現れる。
8. 発音記号をクリックすると、その発音記号の発音の仕方が動画で現れる
9.さらにクリックすると、類似した発音のクイズが始まる。今の発音はどっち?の問題がどんどん現れる

発音について、通じればいいや!
って感じであんまり重視してこなかったのですが、
このトレーニングを通してちょっぴりまともになった自分の発音を聞いて
ちょっと真面目にやってみようかな
と思っているところです。

だってやっぱり、きれいな英語は素敵じゃないですか。
スポンサーサイト
仕事ができる人はどんな英語を使っているのか
むっちゃくちゃ頭の切れる先輩がいます。
会う人会う人が、あの人はすごい。
と言うんだから、ほんとにすごい人です。

この方、帰国子女でもなんでもないんですが、
英語での仕事はバリバリこなします。
いったいどんなFluentlyな英語を話すんだろう。

と、ずっと気になっていたのですが、
今回初めて一緒に仕事をする機会がありました。

そしたら・・・

なんと、ややJapanese English的な発音で、めちゃめちゃ(想像より)ゆっくりな口調。
使っている単語も大して難しくない。

あらら???
想像と違う。

でも、話のポイントをはずしておらず、自分の主張はしっかりその中に織り込んでいるので、
仕事視点ではパーフェクトな結末なんです。

なんだろう、このすごさは。(英語はそこそこなのに)
と考えた結果がこれ。

・言いたいことをガンガンしゃべるのではなく、会話の状況をじっくり観察する
・その上で自分の考えをまとめ、まとまってから話し出す
 (日本語でもそうなのかもしれないけど(汗)、日本語以上に気をつかう)
・焦って間違うより単語を選びながら話す

きっとこの方も、カジュアルな場ではもう少しFluentlyなのだと思います。
仕事上では、こういったことに気をつける結果、ややゆっくりなしゃべりになるんだろうと。

私も翌日の電話会議でやってみました。
気持ちと言葉が空回りすることなく、うまくいきました!!!
実践(電話会議)で気づく、う、フレーズが出てこない・・。
ここ数日、海外との電話会議の機会が増えています。

これまでもそういう機会はあったけれど、
だいたいの場合、帰国子女の子が一人いて、何かあればその子に聞けばいい
こちらの言いたいことも、その子に伝えればばっちり訳してくれる

そんな感じだったのですが、
今回は、こちらは私一人。

それも内容的には結構タフで、こちらの主張と先方の主張の妥協点をディスカッションの中で決めていくと言うもの。

向こうのネイティブの英語がきれいで、かつゆっくりはしゃべってくれているようなので
聞くほうにはあまり問題なく
(進歩したわ~、5年ほど前は電話会議でまーったく内容わからず大汗かいてたのに)
問題は話すほう。

知ってるフレーズ、単純な表現はパパっと出ては来るんだけど

・いちいちめんどくさい
・反感を買わない方法で
・そもそもそんなつもりじゃなかった

などなど、微妙なニュアンスを伝えようとするととたんに滅茶苦茶に。
それもそういう時は大抵、感情も高ぶってるので頭より先に口が走っちゃう。

あぁ、まだまだ語彙が足りないなぁ
と実践を通して改めて知ったのでした。

そういうフレーズはどんどんメモしてます。
苦手なフレーズがどんどん明らかになっていきます。
これからいろんなサイトや本で調べてみて、私の辞書にするつもりです。


TOEIC対策 今回使ったのはこれ
英語学習は
「毎日ちょっとの時間でも続けること」
これが大事だと思います。

そのためには、
・手軽にできる
・モチベーションが続く

これが大事。

この時一番ネックになるのが長文対策。
時間がかかるし、集中力が必要だし、本を開いたりも面倒。。。
だけど、通勤電車で手軽に出来る本を見つけました。

新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編
(2010/09/17)
神崎正哉、TEX加藤 他

商品詳細を見る


1駅1問を意識して作られているし、回答・解説が会話形式で書かれていて
飽きることなく読めます。


モチベーションって観点ではこれ。

TOEIC(R) テスト公式DSトレーニングTOEIC(R) テスト公式DSトレーニング
(2009/08/27)
Nintendo DS

商品詳細を見る


公式だからどうこうってことはないんですが、
その場でピンポンピンポーン♪ ブッブー♪
と回答を音と共に示してくれるので、ゲーム感覚で出来ます。
一問ごとに解説を読めるので、悩みが新鮮なうちに悩みを解決できます。
(紙でやるときって、数問ごとに答え合わせしたりしません?)

毎日実施記録ができるので達成感が目で見て分かるし、
連続記録を維持しようというモチベーションが知らず知らずに働いて、
結果、毎日学習するモチベーションになります。

どの問題にも単語にチェックをつける機能があるので、後でまとめて苦手単語を勉強できるのが特にうれしい点。


似たようなソフトでこんなのもあるんですが、
TOEIC(R)TEST DS トレーニングTOEIC(R)TEST DS トレーニング
(2007/03/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る


こちらは単語チェックができないのと、会話のリスニング(Part3、4)で先に問いを読んでおけないので
実践的な練習ができないのが難点。
でも、前者のソフトの問題を解き尽くしちゃったりした時は、これも使いました。


それからそれから、手軽、モチベーション、いずれの観点からもずれるんですが、
私が最初にTOEIC対策として読んだ本で、これで一気にスコアが上がったというのがこれ。
これを読んで、穴埋め問題を解くスピードが格段に上がりました。

がんばってるのにスコアが伸び悩むなぁ
って方で、TOEIC対策を特にしてない方に利きますよ。

新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27
(2006/10/13)
小石 裕子

商品詳細を見る

TOEICのスコアは重要? あながち無視できない
思えば長いことTOEICに挑戦し続けています。
英語が好きで勉強し続けているので、その成果を測るのが最初の目的。
そしてここ数年は、会社の人事評価で使われるため渋々。

最初はTOEIC対策は敢えて避けていました。
だって、TOEICで高得点取ることと、仕事で使えることは別だと思っていましたから。

だけど、会社で評価につながるとなったら仕方ない。
とにかく点数アップできれば手段はいとわない!
と、いわゆるノウハウ本に頼るようになりました。

すると、今まで伸び悩んでいたスコアがぐっと伸び、夢の800点を突破しました。
新卒時代に500点台だったことを考えると、ほんとに夢のような話。

て言ってもTOEICの要領を得ただけ?
と思いきや、仕事で英語を使う場面で不自由をすることが少なくなりました。
(なくなるわけは無いので、少なくなったまでですが)

TOEIC対策って主にスピードアップ対策と、学校英語(文法)の振り返りなんですが、
仕事上はやっぱり即座の反応や、さっと文書の内容を把握することが求められますから、
正反対の努力ではないのですよね。

ってことで、ここ最近TOEIC対策のおかげで
ほぼ毎日の英語の電話会議にもなんとか対応出来るようになったのでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。