プロフィール

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お正月準備メモ】 また来年同じことで悩まないためにメモメモ
年始早々ですが、いきなり昨年の振り返り。

なぜなら毎年、大掃除いつしようかなぁ・・・
おせち、いつから何を作ろうか・・・
とおんなじように悩んじゃうので。

今年は(昨年分ですが)ライフログとして書き留めておくことにしました。


昨年末は29日から休むことができたので、ややゆったりスケジュールの年の瀬。
冬休みらしいことがしたい、と言う子供をさておき、
やることをやってしまいましょう!と
大掃除、おせちづくりの3日間としました。


29日

昨年の大掃除のテーマは「捨てる」
キッチン、お風呂は10月にハウスクリーニングに来ていただいていたので、
そういったところを拭き拭きするよりも、雑然とした家の中をすっきりさせたかったこと
整理収納コンサルティングを受けて、すっきりする快感を覚えたこと
そんなことから。

子供たちには、それぞれ自分の持ち分(おにいちゃんは学習机、おとうとくんは絵本とおもちゃ)を与え
要らないものはどんどんゴミ袋に入れさせました。
男の子だからかな、意外にあっさり要らないものは要らないって分別してくれました。

ただ、途中で飽きちゃう。
2時間たって30分の休憩で、なんとかつなぎました。
結局2時間×2回弱で限界、あとは外に行っといで!って追い出しました。

私は子供のプリント整理、家族の洋服整理に専念できました。

夕食は、くたくただったけどいろいろ残り物があったので
それで済ませました。
夫が仕事納めだったので、おつかれさまのごちそうにしてあげたかったんだけど
ごめん。。。

おっと、この日の朝、子供たちが起きる前に年賀状のあて名書きをしましたわ。


30日

子供たち起きる前に、年賀状のコメント書き。
30日中には出したい・・・。

おせち、黒豆から開始
前日から浸水しておくべきものを忘れちゃっていたのですが、
幸い新豆だったこともあり、熱湯に5時間つけるところから開始できました。
作り方は豆の袋に裏に書いてあったので、それに従うことに。

5時間たった昼ごろからコトコト煮初めて夜には完成。

なんと、これまでには出来で、子供たちにも花丸をもらいました!!!

今日は拭く日、と子供たちに前日から宣言していたので、
子供たちもやる気満々
ガラス拭きをしてくれました。
ただ、とてもとても寒い日だったので、外からはちゃちゃっと済ませてオッケーってことにしました。

朝寝坊しちゃったので、そのくらいやったらもう昼過ぎで、
あ、おにいちゃんも年賀状書いてない!!!
ってことで年賀状を書き始め、私はおとうとくんと年賀状出しに行きがてらプラプラと商店街へ。

戻ってくると、おにいちゃんが年賀状出しに行くというので、
またみんなで出かけ、そのまま家族4人で公園へ。
ちょこっと子供たちのサッカーの相手をして帰宅。

今日こそは外食で済ませたい
と思ったけれど、外に出るのもおっくうで、子供たちはサッカーで疲れて寝ちゃったし
結局いつもどおり作ることにしました。

牛肉と大根の煮物などなど

31日

さて今日はおせちの日。
おにいちゃんには上履き洗いとかピアノの練習なんかを指示し
私とおとうとくんでがんばることに。

くりきんとんはいつもどおり、ポイントは、砂糖は使わず栗のシロップだけで作ること
ミートローフは子供たちにお任せ。私はフープロに入れる野菜を用意するのと、味付けするだけ

問題は、煮〆・・・・

毎年悩むのですよね。
我が家のおせちは煮〆。母は、かつお+昆布だしで、素材ごとに別々に煮ていました。
かなりたいへんだった思い出・・・。
あのレシピをそのままもらえばいいんだけど、毎年忘れちゃう。

で、本に頼るんだけど、本に載ってるのは大抵いりどり。
うーん、うちはあっさりした味にしたいんだけど。。。

で、今年は、ゴボウ、こんにゃくは濃い味で煮て
(出汁8:みりん1:醤油2くらい)

八つ頭、ニンジン、タケノコは京風の味で煮て
(昔の今日の料理を参考に、出汁8:みりん1:醤油1くらい)

ってことにしました。
さてさて、どうなることか。
今日のみんなの反応が楽しみです。


そして最後は、ルンバ君に掃除を頼んで
夕食はお寿司を食べにGo!

無事、年越しを迎えられました。
スポンサーサイト
【WMの必需品】ルンバ、迷ったら買ってください
迷いに迷いました、ルンバ。

でも買ってよかった、絶対よかった。

今日も大晦日らしい大掃除(水回りやら窓ふきやら)をやった後
ルンバくんに掃除を任せて夕食は寿司屋へ。
帰ってきたら床はすっきり。
あとはお風呂に入って、年末番組をダラダラみるのみ。

お手伝いさんがひとりやってきたみたいです~♪

これまでの我が家は、平日に掃除はせず、
寝室やリビングは、気になったらちょこっとフローリングワイパーで
ごまかす、って程度だったのですが、
ルンバくんがいれば、食事中に玄関や寝室をきれいにしておいてもらえます。

休日は、あれやこれやとしている間に走らせておけば、
さ、出かけようか、なんて時にはすでに床がきれい!
これまでなら、そっから掃除機かけるか、掃除をあきらめて出かけるか
のいずれかだったから、なんと楽ちんな!!!

ぜったい重要です。ルンバ
掃除してくれてきれいになる、以前に、あぁ、掃除しなきゃ
のイライラから解放されます。



ただし・・・
ルンバは広いところは得意ですが、
ちょこっとこぼした食べこぼしをささっときれいに
なんてのは苦手です。

→なので、小型掃除機との併用がお奨めです。
私のお奨めはマキタ
マキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DWマキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DW
()
マキタ

商品詳細を見る


それから、ルンバはとっても頭が良いですが、
”目”がついてるわけじゃないので、汚いとこから先にとか
まずは手前の部屋から、とか言う判断はできません。

今はこっちで子供が遊んでるから、あっち半分やっといて
とかは無理。

なので、バーチャルウォールは絶対必須
これがついてるモデルを選ぶことをお奨めします。

そして何より値段が高いのが、購入決断の大きな壁なのですが、
やっぱりアメリカ直輸入品ですかね。
だってそもそもアメリカでは40ドルそこそこで売られてるんだから、
円安の折、日本で7万円はないでしょ~。

でもって、やっぱり心配。

・保証は? まさか保障なし???
・壊れた時の修理は? もしかしてアメリカまで返送?それも自分で?
・消耗品の購入は?  いちいちアメリカに連絡しないとダメ?


で、ネットでうろうろ探してみたら、ありました、直輸入品を購入する際の注意点。以下、転載です。グレーの文字は私が追記しました。

1.ACアダプターにPSEマークがあること。
  PSEマーク取得済みACアダプターでなければ、ルンバが持つ性能を十分に発揮できません!
  これにより、ルンバが持つ本来の性能を十二分に発揮できます。

2.新型モデルであること。
  従来品以上の性能が満載です。
  なにより、数年間ストックされた商品ではなく新しい商品なので安心です。

3.独自保証が付いている
  当出品は3年保証付きで安心です。

4.上位機種の560を選ぶ(日本には売ってない)
  下位機種の530とは機能が違ってきます。

5.日本語説明書が付いていること
  日本語説明書付きです。これがないと本当に困ります。

6.修理を超格安で行っている出品者であること
  輸入のルンバは日本総代理店での修理を受け付けてもれえません。当方で完全修理だから安心です。
  ※詳細は後述しています。

7.消耗品を超格安販売している出品者であること
  消耗品の価格は長い目でみると重要です。当方でルンバ購入いただいた方に限定で超格安で販売いたします。
  ※詳細は後述しています。

で、この注意事項を挙げている会社(ルンバニア)は、すべてに対応してくれているわけで、
のせられたって言っちゃ~それまでなんですが、購入しました。

価格は34,480円
おまけが6,825円相当で実質27,655円とかなりお得感。
リファービッシュ品ではないです。

修理のためにはアメリカとは言わずとも山口まで送り返さなくてはならないので、
壊さないように、メンテに気をつかってはいますが、それって実は家電を使う時の基本ですよね。(汗)

今のところ、とっても快調に動いてくれています。
私の周りで先にルンバを買った方々もそうでしたが、
みなさん、迷ったけど買ってよかったとおっしゃっています。

私もそう思います。
皆さんもぜひぜひ、お試しあれ。
キッチンダイエット~その③ 収納とは
先日からちょっとずつ書いているキッチンダイエットの件、
その①
その②

結果を書いたっきりでしたが、どんなサービスを受けてそんな結果になったのか。。。

サービス(コンサルティング)をしてくださったのはこの方
写真のとおりやさしげな方で、前に、ハウスクリーニングで来て頂いた時のことを覚えていらっしゃって
当時の話でちょっぴり盛り上がったりしながら、和やかに始まりました。

進め方はこんな感じ
1:講義
2:全部出す 
3:捨てる
4:分類
5:戻す

1:講義

今回は3時間無料サービスなので、ささっと概要を10分ほど。
ささっと、と言いつつここでお聞きした内容が、実はとてもとても重要でした。

片付け下手という人は、片付け以前に物が多すぎ
80人のコンサートホールに100人は呼べない
10台の駐車場に11台入れたら、動かせなくなる

言い得てる・・

物を増やさない習慣は、大事かどうかを判断する習慣
つまり、人生そのもの。
物が増えちゃう⇒大事なものとそうでないものがごちゃごちゃ⇒人生の大事な時に大事かどうかの判断ができない

う、あれもこれもで戸棚がいっぱいなのと
あれもしたいこれもしたいで人生いっぱいなのと、おんなじって事ね。

いたたた

2:全部出す 

同じカテゴリのものごとに全部出す。
食品だったら食品、鍋だったら鍋。

そうすると、あ、あっちとこっちに同じものが入ってた!!!
とか、意外なことが発覚します。

私の場合は米粉。おとうとくんの小麦アレルギー対策で買いためたものが
あっちからこっちから。


3:捨てる

基準が大事なんですが、キッチンの場合は簡単だそう。

まず賞味期限切れは捨てる。

大量のスパイスが捨てられることに。。。
一人でかたづけていたら、いやいや、まだ大丈夫でしょ、
とかって捨てられないのですが、他人の厳しい目が光っていますから捨てるしかない。。。


次はつかっていないもの。

うちはIHなのにIH対応していないフライパンとか
つかいづらくてめったに使わない鍋、鍋、鍋とか

「最近使った?」と自問自答して分類したら
こんなにゴミが出ることに。
moblog_35e809f0.jpg

これを無理やり狭いキッチンに押し込めていたんだから
ぐっちゃぐちゃにもなるわ・・・。

4:分類
この時点で、床にはすべてのものがぜーんぶ広げられています。
と言っても、相当ダイエットしたので、山にはなっていません。

これを、同じようなものごとにまとめていく。

これが結構むずかしい。
微妙なもの、単品なものとか出てくると
どこの仲間にしてあげたらいいのか・・・。

悩んでいるうちに、片付けそのものがイヤになってきます。

コンサルタントの福田さんは、さすがプロ。
うーん、うーんと悩みながらも、さくさく分類してきます。

私はそばで見守るばかり。
この時点で2時間くらいたっているので、正直ヘロヘロ


5:(分類して)戻す

で、分類した後は、使いやすい場所、適切な場所に戻していきます。

今まで乾物の倉庫になっていたIH下は、IHにさっと乗せたいフライパン類を

鍋やらラップやらが混在してごちゃごちゃだったシンク下は、鍋類を

Before
DSCF0624_convert_20110905201516.jpg

After
2011090416530000.jpg

入れる量を減らしただけじゃん、
って見えますけど、ものの全体量が減っているので、こうなります。

戸棚には、分類したものを取り出しやすいようにかごに入れて戻す。
よくテレビなんかでも見る光景ですが、その前段の「物を減らす」「適切に分類する」
ができていないとできない技です。

2011090416540000.jpg

2011090416530002.jpg


3時間ぶっとおし、かなりのハイペースでやってヘトヘト。
一人だったら2時間たったあたりで現実逃避していたでしょうね。

それにしても来て頂いた福田さん、うちにいらっしゃる前に1件片付けてきたとか。
そして、この後もお出ししたお茶もそこそこに、次のお宅に出かけていかれました。
す、すごい。。。


で、その後


どうせすぐに元の通りになっちゃうだろう
と思ったりもしていたのですが、なんとなんと、1週間たってもほぼそのまま。

福田さんのおっしゃったとおり
きれいは気持ちいいので、自然とそれを保とうとする
物が少ないので散らかりにくい

のですね。

今後は、
要らないものを増やさない
時々、今回みたいにデトックスしてあげる

ってことがこれからできるかどうかです。
キッチンダイエット~その②
今の家に引っ越してきて6年ちょっと。

引越し当時はそれなりにきれいにしてた家の中も、
だんだんいろんなものが増えてきて、混沌としてきました。

そもそも私は片付け大嫌い。
片付けても片付けても家の中はすっきりしないし、垢抜けもしない。
誰か~、なんとかして~
な状況。

そんな折、先日ファッションレスキューを受け、
プロのすごさを実感。

そうだ、収納もプロに任せればいいんだ!!!

と、以前から気になっていたこの方にご連絡。
暮らしっく工房
以前、お風呂とキッチンのお掃除に来ていただいたことがある、
とても感じのよい女性が経営されている会社。
お掃除に来ていただいた時も、収納コンサルティングをされているとお聞きしてはいたのですが、
その時は予定が合わず、断念。

それからはや3年。
ふと思い立ってHPを確認してみると、なんとラッキーなことに、無料お試しキャンペーン中!!!

本命のクローゼットや倉庫部屋ではなくキッチンですが、キッチンだって十分過大あり。
まずはお試しだし、これでよかったら、次はクローゼット等々お願いすればいいんだ!!

と言うことでお願いしました。
3時間でできるところまで、と言う条件つき。

お久しぶりです~、から始まり、まずはキッチンの確認。
事前にこんな写真をお送りしておきました。

流し下:鍋と洗剤、一緒にはしたくないんだけど・・・
    仕方ない
DSCF0625_convert_20110905201541.jpg


シンク下:深い引き出しの使い方がよくわからず、とりあえず鍋、フライパンを重ねて入れてます。
     使いづらい・・・。
DSCF0624_convert_20110905201516.jpg


IHコンロ下:乾物がわっさわっさ、ごそごそ探して使います(汗)
DSCF0623_convert_20110905201438.jpg


これがその後、



キッチンダイエットをしてどうなるかと言うと・・・

そろそろ子供をお風呂に入れないと限界なので、今日はここまで。
キッチンのダイエット


収納コンサルタントにお手伝い頂き、キッチンを片付けました。

出てきたゴミは、30リットルのゴミ袋六個分。

不要なものはあまりないはずと自負していたのに。。
空き瓶だけで一袋だからすごい!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。