プロフィール

chiezow2010

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宣伝に感化されて留学にときめきつつも】日本にだっていい学校はあるのでしょうね
先日遊びに行ったシンガポールのお宅の小学生、自分専用(学校支給)のノートパソコンがあり、
同い年のうちの息子はびっくりしていました。
学校の授業はiPadを使う、なんて話もしていて、ますますびっくり。

そして先日行った留学フェアの説明で、
オーストラリア、ニュージーランドの学校では(フェアがこの2カ国を対象としてフェアだったので)
電子黒板、PC、モバイル端末と言った最新機器を使った授業です。
いまだに黒板で授業をしている日本とは大違いです。

なんて話を聞き、ただでさえ日本の教育にもやもやを感じている今日この頃
「日本の教育はやっぱり時代遅れ?」とますます不安を感じたのでした。



と言ってもシンガポールのお子さんは、地元の学校ではなくインターナショナルスクールに通っていて
生活レベルからしてもたぶん、ハイソな子の通うインターに行っている様子。

また、留学フェアに出てくる学校は、いわゆる「私立」ですから
海外だからって話ではなく、「私立だから」ってことかもしれません。

日本にも先進的な学校(私立でしょうけど)もあるでしょうし、
日本だからダメなのかっていうとそうでもないのだろうと思いますが、



いずれにしても、世の中のスピードや現実とぜーんぜん違う教育環境っていうのは避けたいなぁ
と改めて思います。
基本、原点を学ぶことは大事だけれど、あまりにそれに固執して、時代錯誤なことやっても
結局社会に出たら、ま~ったく役に立たないことってあるでしょうから。

(さすがに足踏みミシンは今はないと聞き安心。私は子供時代苦労して習得したけど
 おいおい、足踏みミシンなんて、世の中どこにもないじゃないのよ!)



また、留学フェアでは、
勉強だけできればよいという教育ではなく
人間として成長できるようなカリキュラムになっています。

具体的には、
調べる、ディスカッションする、ディベートすると言った内容が多い
課外活動が活発
と言った点で、日本の学校と大きく異なっています。


とのことで、ここも私としてはすご~く魅力的だったのですが、
これまた日本の学校がぜーんぶダメかっていうと、そうでもないのかもしれないし、
一概に、海外に行けばすべて解決!ってわけではないですからねぇ。

あぁ、悩ましい、悩ましい、子供の進路。
スポンサーサイト
【いろいろな選択肢を知ってほしい】中高生留学フェア参加
4年生頃から、中学受験、塾通いと言った言葉がちらほら聞こえ始め
5年生の2学期ともなると、受験を心に決めた子(親)がだいぶ見えてくる感じ。

塾の戦略にも大きく左右されるのでしょうね。
5年生の夏季講習までにはすべりこまないと、カリキュラムに乗り切れないから手遅れ
なんて話も聞きます。

私は前々からこの雰囲気にいまいち乗り切れなくて、
でもわが子には、将来困らない「ちから」をつけてほしいと思っています。

具体的に「なに」って明確にわからないから厄介なのですが、
なんとなく、お受験の問題が解けるからって、だからなに?
塾に通って時間つぶすより、もっと他に、子供時代だからこそできることって
あるんじゃないのかなぁ。。。と思うのです。

(話が行ったり来たりしますが、進学塾で、むずかしぃ~問題を、うーんって考える、
 あの集中力と根気は素晴らしいと思うので、あながち進学塾、ぜーったいダメって感じもしてはいないので
気持ちはぐらぐらなのですが)


まぁ何より本人の興味、やる気が大事だと思っているので、
何にやる気を示すのか、じっと観察してる、ってところもあります。



で、今回は、留学ってどんな感じ?
ってのを知るために、留学フェアなるものに行ってきました。

無料ですし、留学支援会社主催ですから、宣伝です。

私から子供には、留学しなさいとか、留学する準備をしよう
とかそういうことは一切言いません。
留学って手段もあるんだって、どんなもんか見てみない?
そんなノリです。

だから、宣伝くらいでちょうどいい。
現地の様子や、学校の様子が動画で流されたりして、子供にもすんなり入ってくる内容でした。



驚いたのは、「中学留学」の説明会にも関わらず、結構な人数の親子がいたこと。
私が子供のころは、せいぜい高校短期留学くらいしか思いつかなかったけど(それでもごくまれで)
今は、中学留学を考える親子も増えてきているんですねぇ。

ゆとり教育以来、日本の教育に不安を感じている親が増えているともいうし、
そういう状況の表れかもしれないですね。
加熱する中学受験のもうひとつの姿かもしれません。



さて、息子の反応は。

楽しそうだね。行ってみたいなぁって気もするけど、
まずはお試しで行ってみたいな。

あとね、僕が行きたいのは、フロリダのテニスアカデミー
だそう。。。(今注目の、錦織くんが行ってたところですね)


親としては、やっぱり高いよなぁ。。。。
日本の私立でも、うーん、高い、とか言ってる家計なんだから当たり前だけど。。
そして、12歳で家から出してしまうって、ちょっとさみしいなぁ。。。
と、実は親のほうが踏ん切りがつかなかったり。


いずれにしても、ひとつの選択肢として考えるにあたり、
基本的な情報を収集できるよい機会でした。
【考えることを誘導中②】自由研究のテーマ確認
先日自由研究のずぼらぶりを発見
考えるプロセスを誘導しようと試みしてきたわけですが、

その後はと言うと・・・

Q. なんで、自然現象を調べようと思ったの?

の問いに対し書いてあった答えは、
A. 学校からの帰りに虹が見えた時に虹を見ていたら、なんでかなぁと思って調べてみたくなった。

うーん、なんて幼稚な文章・・・。
でもまぁ、ちゃんと考えて書いたんだし、程度の低さは今さらしょうがない。
100歩譲って○として、とりあえず声に出して読ませてみる。

(おにいちゃん)あらら??へんだね、この日本語。

だよねぇ~、よかった、気づいてくれて。

で、直した結果がこれ。
「学校からの帰りに虹を見た時に、なんでかなぁと不思議になったから」
にじゅうまる!!!やればできるじゃん。


続いて次の問い
Q.調べてどんな発見をしたい?

答えは
A. いろいろな自然現象がどんな条件で起こるのか。

ははは、優等生っぽい答えですね。
長男っていう性格上、そういうの読んで答えてるよねぇ
と穿った目で眺めつつ、指摘のしようもないので○。

ほんとは、これをさぁ、最初にテーマとして書いてさぁ
とか言いたいところですが、あせらず、あせらず、
まずはここまで。

これはこれで、そうなんだ、と受け止め、
このまま研究を進めさせます。

で、終わったらもう一度このテーマを引っ張り出して、
どう?当初の目的は達成できた?
と聞くわけです。。

と親は着々とプランしていますが、その後自由研究はちっとも進んでいません・・・
【考えることを誘導中】自由研究のその後
自由研究のずぼらぶりを発見した後日、
祖父母たちとの旅行から帰ってきた5年男子をつかまえ、

コピペはダメって話したじゃん。
もう少し自分の考えたこととか入れてみたら?

と提案型で攻めてみたけど、レイアウトを崩したくないとかなんとか言って気乗りしない様子。

ちょっと視点を変えて

じゃあ、お母さんがおしえてほしいんだけどなんで自然現象を調べようと思ったの?

調べてみたいと思ったから

……

あちゃ~
そもそも、楽しい楽しい旅行から帰ってきたこともあり
タイミング的に宿題についてみりみり言われたら
答えは適当になるよね。。

これ以上言っても進展はなさそうなのでひとまず引き下がりました。

そして今日。

白紙に
なんで、自然現象を調べようと思ったの?
調べてどんな発見をしたい?
って書いて置いてきました。

宿題やるタイミングで気づいて、
ちょっとはうーん、て考えてくれるかな
【今どきすぎる…】コピペ自由研究
今年は自由研究何する~?
と振ったら、自然現象を調べる!
と答えた5年男子。

まずはインターネットで
と手慣れた様子で検索→印刷。

お、着々とやってるな
とほくほくしながら出勤。
帰宅すると、画用紙に切り取った写真を貼ったりして着々と進めてる様子。

えらいえらい。

しかし。。。
よく見てみると、なんと文章、すべてコピペ

なんじゃこりゃ~
手抜き~

つい先日、社会で調べた地方の名産品に関する調査もまるまる誰かのブログのコピーで

「弟夫婦が絶賛!」なんて明らかに自分の文章じゃない内容で提出してるのを注意したばかりなのにぃ

そう、本人はまったく悪気ない
そんなもんだと思ってるのですよ。

だって名産品レポートはそれで先生にもらってるわけだからね

せんせ~、こんなんでいいんでしょうか~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。