プロフィール

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小さいころからがおすすめ】 絵本で情報分析
この本に触発されて、やってみました、絵本で情報分析。
絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉
(2002/12)
三森 ゆりか

商品詳細を見る

何をやるかっていうと、絵を手掛かりに、どんな情報が得られるかひたすら考える。
やり方としては、絵から何が判断できるか子供に問いかけ、
なんでそう思うのか話し合う。

話し合っているうちに、あれ、この判断って単なる思い込み??
ってことに気付かされたり、兄弟でやっていると、違う観点で絵を見ていたりでなかなかおもしろです。

でもね、おすすめは3歳くらいからはじめることかな。
うちの6歳は、本は静かに読んでもらうもの。
と固定観念が出来上がってしまっているので、あれやこれやと問いかけると

「僕にばっかり聞かないで!」
「早く次、読んで!」
と怒り出す始末。。

小さいは小さいで集中力の問題やら会話にならないやらで
それはそれでうまくいきづらいのかもしれませんが、
「本は読むもの」という固定観念ができる前という観点では、小さいころからやってみるのがおすすめ。
”絵本で情報分析”
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。