プロフィール

chiezow2010

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【子供とラテカルシンキング】 ウミガメのスープ
一時、ロジカルシンキングがすごーくはやりましたが、
(もちろん手法としては定番で、世の中の流行り廃りとは関係なく生き続けているわけですが)
また別の思考方法にラテカルシンキングがあります。

既成概念や前提に縛られず、いわゆるゼロベースで思考を広げる
という考え方なんですが、ロジカルシンキングのように
「このフレームワークに則って考えればいいよ~」
といったノウハウは示しにくいので、ロジカルシンキングよりもさらに
何度も何度もやってみる、というのが大事になってきます。

そこで、こんな本に挑戦しています。
一人が問題を出し、もう一人が答える、という形式なので一人ではできないため、
息子たちの思考訓練にもなるしちょうどいいと、親子で取り組んでいます。

ポール・スローンのウミガメのスープポール・スローンのウミガメのスープ
(2004/10/20)
ポール スローン、デス マクヘール 他

商品詳細を見る


例えば、
「男が階段を歩いていると、妻が亡くなったことの気付きました。なぜでしょう」
とおにいちゃんが問題を出します。

本には答えが書いてあって、おにいちゃんはそれを読んでいいことになっています。

私とおとうと君は、答えを当てるためにおにいちゃんにいろいろ質問します。
その時のルールは、Yes、No、関係ありません、のいずれかで答えられる質問のみOKということ。

そこで私はいろいろ聞くわけです。
「それは階段でないと気付かないことですか?」
「男は誰かと話をしましたか?」
「男は何か張り紙を見ましたか?」

などなど。

答えは想像もつかないようなことだったり、前提条件がつらつらと述べられた複雑なものだったりするので
相当イライラするのですが、なぜかおにいちゃんはこの本が気に入り、私が持ちかけたのに、
最近はおにいちゃんのほうがやろうやろうと乗り気です。

そして6歳くんは、わけもわからず参加してくるのですが、
その突拍子なさがいわゆるラテカルだったりして・・・・。

この問題はその6歳くんがあててしまいました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://chiezow2010.blog9.fc2.com/tb.php/564-c23cded7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。