プロフィール

chiezow2010

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本の教育ってそんなにだめなの?】 いま「開国」の時 日本の教育
おにいちゃんが小学校高学年になり、まわりも中学受験を気にしだすようになり、
私もそわそわとしてきている今日この頃、子供の教育についてはずっともやもやが続いています。

ぼんやりと、このやり方はまずいんじゃない?(例えば受験一辺倒の勉強の仕方)とか、
こんなこと学ばせてあげたいよねぇとかはあるんだけど、どうにもぼんやりした状態が続いています。

だいたい、公教育に任せておいて大丈夫なのか。
今の学校はダメだ、ダメだっていうけど、ほんとにだめなのか?
ほんとにダメなら、早々に対策を考えたほうがいいのか?
でも、お金や手間がかかるのは嫌だし。。。。もやもや、もやもや。

そこでこんな本を手に取ってみました。
いま、「開国」の時、ニッポンの教育いま、「開国」の時、ニッポンの教育
(2009/04/26)
尾木 直樹、リヒテルズ 直子 他

商品詳細を見る


日本の教育評論家と、オランダの教育研究家の対談
という構図なんですが、お二方とも日本の将来を見据えた教育のあり方
という視点で本当に真剣に日本の教育について考えておられて
さらに、日本の教育評論家という立場で話されている尾木さんは、
とにかく子供たちのことを最優先に考えた視点でいらっしゃるのが
涙が出るくらいうれしい。

そんなお二人が、日本の教育制度の問題をばっさばっさと斬っていく
そんな内容です。

批判だけでなく、こうしていけばずっとよくなる
と提言が満載で、何とかそれが実現できないか、
そんなことを考えさせられる本でした。

忘れないうちに、ピンときたポイントをここに書いておこうと思ってパソコンに向かったものの、
興奮しちゃって感想の羅列で終わっちゃいました。

もう子供たちを起こさないといけないので、ひとまずここまで。
後ほど読書メモを作ろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://chiezow2010.blog9.fc2.com/tb.php/565-0d85c14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。