プロフィール

Author:chiezow2010
夫、息子ふたり(2001年生、2006年生)と男に囲まれた紅一点。私の天職って何だろう・・・なんていつまでも悩んでいたら、何を間違ったかコンサル業界に。子持ちで長時間労働当たり前のこの業界でやって行ける???何度か落ち込みつつも、踏み込んでしまったからには仕方ないと腹をくくるまでが、これまた大変。くくってしまった今は、業界に新風を吹き込むべく奮闘中。家庭も仕事も満喫する(しようと奮闘する)日々を綴ります。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ワーキングママの挑戦~私らしい仕事と育児の両立
2001年、2006年生まれの二児の母。育休明けに無謀にもコンサル業界に飛び込む。業界の常識を覆し、定時勤務、家族に軸足を置いたワーク・ライフバランスが実現できることを自ら証明しようと日々奮闘。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【いろいろな選択肢を知ってほしい】中高生留学フェア参加
4年生頃から、中学受験、塾通いと言った言葉がちらほら聞こえ始め
5年生の2学期ともなると、受験を心に決めた子(親)がだいぶ見えてくる感じ。

塾の戦略にも大きく左右されるのでしょうね。
5年生の夏季講習までにはすべりこまないと、カリキュラムに乗り切れないから手遅れ
なんて話も聞きます。

私は前々からこの雰囲気にいまいち乗り切れなくて、
でもわが子には、将来困らない「ちから」をつけてほしいと思っています。

具体的に「なに」って明確にわからないから厄介なのですが、
なんとなく、お受験の問題が解けるからって、だからなに?
塾に通って時間つぶすより、もっと他に、子供時代だからこそできることって
あるんじゃないのかなぁ。。。と思うのです。

(話が行ったり来たりしますが、進学塾で、むずかしぃ~問題を、うーんって考える、
 あの集中力と根気は素晴らしいと思うので、あながち進学塾、ぜーったいダメって感じもしてはいないので
気持ちはぐらぐらなのですが)


まぁ何より本人の興味、やる気が大事だと思っているので、
何にやる気を示すのか、じっと観察してる、ってところもあります。



で、今回は、留学ってどんな感じ?
ってのを知るために、留学フェアなるものに行ってきました。

無料ですし、留学支援会社主催ですから、宣伝です。

私から子供には、留学しなさいとか、留学する準備をしよう
とかそういうことは一切言いません。
留学って手段もあるんだって、どんなもんか見てみない?
そんなノリです。

だから、宣伝くらいでちょうどいい。
現地の様子や、学校の様子が動画で流されたりして、子供にもすんなり入ってくる内容でした。



驚いたのは、「中学留学」の説明会にも関わらず、結構な人数の親子がいたこと。
私が子供のころは、せいぜい高校短期留学くらいしか思いつかなかったけど(それでもごくまれで)
今は、中学留学を考える親子も増えてきているんですねぇ。

ゆとり教育以来、日本の教育に不安を感じている親が増えているともいうし、
そういう状況の表れかもしれないですね。
加熱する中学受験のもうひとつの姿かもしれません。



さて、息子の反応は。

楽しそうだね。行ってみたいなぁって気もするけど、
まずはお試しで行ってみたいな。

あとね、僕が行きたいのは、フロリダのテニスアカデミー
だそう。。。(今注目の、錦織くんが行ってたところですね)


親としては、やっぱり高いよなぁ。。。。
日本の私立でも、うーん、高い、とか言ってる家計なんだから当たり前だけど。。
そして、12歳で家から出してしまうって、ちょっとさみしいなぁ。。。
と、実は親のほうが踏ん切りがつかなかったり。


いずれにしても、ひとつの選択肢として考えるにあたり、
基本的な情報を収集できるよい機会でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://chiezow2010.blog9.fc2.com/tb.php/579-fd9b32e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。